どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 慢性的なかゆみ | main | 変化 >>

おもてなしのモト

昼夜に寒さを感じない季節がやってまいりました。

本当に気持ちがウキウキする季節です。この5月から10月頃までが、長野は非常に過ごしやすい季節です。

さて、最近気づいたことがありました。

おもてなしというか、人との接し方、接客をやっている人間にとっての対応には同じ丁寧な対応にも根っこの部分に種類があることに気づきました。

誰もが知っていることなんだけれど、自分の中で大発見!

以前、下諏訪町の伏見屋邸という歴史的建造物で観光地の一つにもなっていますが、シルバー人材センターの方が観光客をお迎えしていました。その方々の「おもてなし」と言ったら贅沢すぎるぐらいに温かかったのです。ボランティアに近い方々で、売上などはないんです。でも、来訪者の書くノートにも田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家に来たようだとか、また絶対来たいといったようなことがたくさん書かれていました。

でも、ふと自分の普段から皆様に対して行っているものとはちょっと違うような気がしていました。

というのは、私は、商品の販売などを通じ、喜んでいただけることがエネルギー源の一つになっています。むしろそれを期待して製造販売しているところがあります。むしろ私の製造責任者である母親のほうが、前述の方々に近い、相手からの感謝はそれほど期待していないんです。ここに真の「おもてなし」があるような気がしました。

1.人に感謝されることができること、何よりも幸せなことです。接客が好きな店員さんはこういうタイプが多いです。私も例外なくこの部分がとても強いです。自己顕示欲的な部分かもしれません。

2.売上を期待して丁寧に接すること、これも一つ。生きていくには大事なことです。シンガポールで最終的にデジカメを「買わない」と言ったら店員の態度が豹変したことを思い出します笑。非常に現実的な考えの人です。

3.神様がいるから。最終的には善行が報われるという期待があります。宗教というのは、こういった要素を含んでいる気がします。だから外国人は、これといった強い縛りのある信仰がない日本人の姿勢にびっくりするのです。

4.ただ人にしてあげたいからする。先日の家庭菜園用の土を買ったところから初老の方が届けてくれたんですが、売上には全く関係ないことなのに、とても丁寧に庭のつくり方を教えてくれました。人を幸せにするステキな自己満足。もちろん世話焼きや話し好きとは紙一重です笑。あえて少し感じるのは、彼らは次の世代も幸せになってほしい。そんな想いがあるかもしれません。

自分も4番目のように年を経て、なっていければいいな、と思います。人を幸せにしつつ、自分で勝手に幸せになる人間!


COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/328
TRACKBACK