どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< ピース・フォー・アレッポ | main | おもてなしのモト >>

慢性的なかゆみ

皆さま、こんにちは。

4月になりました。どくだみクリームのハードタイプを販売中です。今回のナイトクリームは、贅沢にもネロリというビターオレンジの花の精油をブレンドしました。ラベンダーをベースに、残り3種類の隠し味も配合していますので、ぜひお試しください!

さて、冬の間、寒さに耐えきれず1週間着れるように肌着を買い揃えました。そう、昨今話題の。

前も買って着ていた時期があったので普通に毎日着ていたんですね。最初はなんでアルガンオイル配合とかあるのかな〜洗っていたら取れてきちゃうんじゃないのなんて思いながら。そしたら、少ししてから腕にかゆみが出始めてしまいました。

まあ、乾燥しているし、ストレスで弱ってもいるから一時的なものかなと思い、特に何もせず着ていたんですね。おそらく腕の部分て、密着度が高く腕を動かしたりするので擦れるんでしょうね。しかもその例の肌着の素材はコットンのようなものではなく、化学繊維なので、余計に静電気とかでより一層乾燥を招いていたのかもしれません。もちろん、使っている洗剤のせいかもしれませんし。自分で作ったクリームを付けていても一向に良くなる気配ないし、そしたらポツポツができ始めて、着ていなくてもかゆくなりはじめました。

ああ、これが慢性的なかゆみというものかな、なんて色んな所をかゆみで悩まされていた自分にとってはなんとなく客観的(笑)急性的な症状を原因さえ取り除けば治っていたかもしれないものを、ちょっとほっといてみちゃいました。

こうなってしまうとおそらく原因を取り除いてもしばらく良くならないな、なんて思っています。よく季節の変わり目はお肌が適応するのに3ヶ月、なんて言われていますが、このかゆみも3ヶ月で良くなればいいな、なんて思っています。

みなさまのお肌も十人十色。向き不向きがあるので、自分だけがおかしいことなんて、ザラにあります。新しいものを試したときに、なんか変だなと思ったらやはり原因となるものを取り除くことをしないと、急性から慢性的な状態へと移行してしまうかもしれません。そうなると、何をつけてもなかなか治らないなんてことがあるので、私たちの作る製品をつけていれば安心とは思わずに(思ってないか汗)、気をつけてくださいね!

ようやく長野は春の心地を感じる季節になりました。東京にいた頃は秋が好きでしたが、長野は何と言っても春が好き。柔らかい色をした山々、色とりどりの草花、また写真におさめるのが楽しい季節になりました。

FacebookやInstagramに載せているので、ぜひ時間のあるときに覗いて見てください。
いつも私達の製品を使っていただき、心から感謝いたします。

Facebook
https://www.facebook.com/tomoekobo/

Instagram
https://www.instagram.com/tomoekobo/


COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/327
TRACKBACK