どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< バンペイユ | main | 突然ニキビが出てきた場合 >>

御柱

先週末は金曜日に地元近く、親戚のいる下諏訪の御柱祭に行っていた都合で、発送が遅くなってしまった方、ご迷惑をおかけいたしました。

御柱祭は7年に1度、上社・下社それぞれ山出し(木落とし)と里曳きの2回に分かれており、今回は下社の山出しでした。 皆様もご存じの、傾斜を滑り落ちていく木落としです。歩くお祭りというように、木落とし坂までとことん歩きます。 私の母もいつ動けなくなってしまうかわからない年になっていくわけで、非常に貴重な経験であったと思います。

スペインではエンシエロ(牛追い祭り)のようなそれもまた命がけの祭りが有名ですが、闘牛同様このご時世動物を道具のように扱うことはあまり歓迎されません。 でも、日本では木を奉納するお祭りということで、その点はどこにでも神様が宿る国、非常に日本らしいお祭りのような気がします。命の危険は伴う点ではやはり賛否がありますが、他の動物や人を巻き込まず、それをやりたい人間が行い完結している点は良いかと思っています。そして、命がけだからこそ非常に重みのある行事ですね。

情報が世界にすばやく伝播するこの時代、海外のメディアも注目していたようです。世界最大のそりのような面白おかしく紹介するところもあるようですが笑、いずれきっとこの神事が隅々までわかってくれる日が来るでしょう。そして人口減少と人口流入によって、相撲のように外国出身者が参加する日も来るんでしょう。

5月にまたその上社・下社それぞれ8本の里曳きという行事が残っています。大社までの道のりを大木を引っ張っていきます。 そしてフィナーレである建御柱を行い終わりを迎えます。 木落としは予約制で見られなかった方もいらっしゃったようですが、8本が並ぶ注連掛(しめかけ)という場所には、桜もきれいに咲き、非常に良い眺め。

私は臨場感や躍動感もいいですが、この自然の中に溶け込み、静かにたたずんだ風景が一番好きです。ぜひ皆様も鮮やかな色を楽しめる長野にお越しください。 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/323
TRACKBACK