どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 友絵工房由来 | main | 新しい石鹸とどくだみクリーム >>

ほそぼそと

今回は、特に皆さんにとって役立つものでも面白い話題でもなく、ただただ近頃起こったことをつづります。

でも、一つありました。実は先日、私たちが販売するどくだみ粉末で化粧水を作ってみたんですね。1週間あまりで非常にきれいな琥珀色のエキスが抽出できましたよ!左は入れた直後、粉末がホワイトリカーに混ざり、気持ちモスグリーンですね。それが、1週間後には、右のように粉末が下に沈んで、エキスが抽出できました。最大で1か月ぐらいでしょうか、もっと漬け込むと更に濃くなりますが、薄めて使うには十分ではないでしょうか。粉末が下に沈んでいるので簡単に移し替えて使えます。(私たちの販売しているどくだみの花はきっともっとリッチなエキスができるので、試してみてください!)

どくだみエキス抽出

私たちのドクダミシアバタークリームをお使いの方はご存知かと思いますが、ほのかに緑色をしているときがあります。これは製造のコンディションに左右されますが、いわゆる色素の油溶成分が含まれている証拠ですね。一方でアルコールとなると、油溶性、水溶性の両方の成分が溶け出ます。なので、こんな色になるんではなかろうかと思います。煮沸で出ないエキスはたいていこういうもので抽出されます。そういう意味においては、ハンガリアンウォーターのように薬酒もあるわけですね。

さて、今回実はこの短時間のアルコール抽出でおすすめしたいのが、サンインフュージョン。海外では、ドイツかな、ではよくカレンデュラやセントジョーンズワートなどのハーブとオイルに対して使われる手法ですが、いわゆる日に当ててエキス抽出するんです。暗がりでももちろんできますけどね、もう自分用にすぐ使うんですから、多少の酸化を気にするよりも、太陽のエネルギーを十分に蓄えたものをぜひ作ってみてください。

さてさて、最近は何かと変化のある季節のようで、天気も本当に不安定でしたね。そんな天気もGWには落ち着いて、むしろ夏のような陽気できっと外で楽しまれている方もいるんじゃないでしょうか。

私といえば、パソコンはほぼ壊れ、英語版のウェブサイトはなんらかの攻撃を受けて見れなくなったりとバタバタしておりました。パソコンはひとまず新しいものに変えて徐々に慣れつつあるところですが、ウェブサイトへの攻撃には二回目で本当に苦労させられます。本当に淡々と日本の情報を世界へ発信しているだけなのに、なんでこういう邪魔をするんでしょう笑。まだこうやって日本向けと海外販売サイトは無事なのが幸いです。人の邪魔をする時間があるなら、今困っている人を助けてほしいのに。。なんて。

また、きっと今まで使っていた方の中にはお気づきの方もいるかもしれませんが、実は4月から地域活性化のお仕事もやるようになり、そっちが忙しいため、発送業務に携われておらず、私の汚い字を見ることがなくなったと思います。ただ、皆さんからいただくメッセージや注文はいつもチェックしています。心からの感謝の気持ちが形として伝えることができるのなら、本当にいいのにな、なんて思うこのごろです。

とにかくこの伝統的な母の開発したどくだみ化粧水だけは次の世代に引き継げるよう、見つけてくださった皆さんに還元しながらも維持していきたい、それだけです。もし更に叶うのなら、、クリームやこれから作るオイル、そして!いずれ変えることになるデザインも作品として思い出にしていきたいなあなんて思っています。ともかく現デザインももう少しで消化の見込み(もったいないを大事にして笑)、、よい形でリニューアルしたいと思っています。

ほそぼそと創業年数を稼いでいきます!

すでに中盤ではありますが、よいGWをお過ごしください。
 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/315
TRACKBACK