どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 白骨温泉 | main | 香りとバランス >>

自己流のスキンケア

先日もちょっとお話ししたことでもあるんですが、ふと思ったんです。

テレビでお金をかけないエクササイズやダイエット、健康法なんかは常日頃から番組でやっているのに(きっとそれだけ興味のある人がいるんでしょうけれど)、スキンケアについてはお金をかけない方法なんてあまり紹介されないですよね。代わりに化粧品のCMは本当に多い。あんな女優さんのようなお肌になりたいなーなんて思う人もいるかもしれませんね。

あくまでも推測の範囲ですが、結局はテレビというのはスポンサーあってのもので、化粧品は広告費を多く締める商品、買わないでやるスキンケアは、そんな我ら化粧品業界にとってそんなに好ましいことではないんですよね。得をしない笑。私たちが販売しているからこそ分かる部分でもあります。

一方でスキンケアに関する本を読まれる方はいらっしゃるでしょうか?そこでは肌断食とか、何もつけない美肌術など何かと化粧品を使わないよう啓蒙する本が多くを占めています。彼ら本を書く人にとって、本の収入さえあればいいわけで、化粧品が売れなくてもいいんですよね。Amazonなどでレビューを見るだけで十分に役立つ情報が載っていたりします。私自身も、自分の経験だけでは心もとないので、よくこういった本を時折自分の好きな作家さんや、アロマテラピー、ガーデニング、医療などの本と共に読んでいます。

化粧品を売っている私たちにとって、こういう話をするのも奇妙なことですが笑、私たちはあくまでもどくだみによるスキンケアという伝統を残しつつ、外貨で稼いでいきたいという思惑もあったりしまして笑、日本でじゃんじゃん稼いで大きくしていこうということは私の実力から言っても現実無理があったりします。本当に優秀な企業がたくさん日本にはありますからね。もちろん私たちのものには絶対の自信がありますが、特に「売る」ということの技術面ではかないません。そういった意味では、私たちの製品に広告費分の値段はほとんど入っていません笑。

また、お肌も千人十色(人それぞれお肌に棲む菌が違いますから)、自分のスタイルを見つけるお手伝いが何よりも大事なことだと思っています。実際はテレビの中でも流行のように新しい健康法とか出てますけど、自分にあったスタイルに流行も何もありません。それが楽しく、気分的に健康に向かえるならそれにこしたことはないですが。

本の中には石鹸だけのスキンケアをはじめ、石鹸すらも使わず水洗いのみなんていうのもあったりします。オーガニックだからお肌にいいなんてことは必ずしもそうではない人もいます。(日本はオーガニックは肌に良いということに固執しがちですが、社会的に見てオーガニックは肌循環だけでなく、地球循環に良いということをもっと推し進めるべきでしょうね。)

これが一番の商品やスキンケア法と言うのはなく、ともかく自己流の発見が最も近道です。色々と育毛剤を使って悪化しないようにしてきましたが、私自身もシャンプーを使わず石鹸に変えてからというもの(時々洗わないときもあったりしますが)、薄毛になっていくんじゃないかという悩みはほとんど解消されました笑。もちろん、精神面での改善もあるかもしれませんが。

大事なのは高い化粧品を使うことではなく、オーガニックでもなく、化粧品を何にも使わないことでもありません。自身を健やかに維持するための自己流を発見することです。自分に最適なスタイルを見つける過程で、その中に私たちのもの、考えが選択肢としてご提供できればいいなと思っています。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/310
TRACKBACK