どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< アトピー性皮膚炎 | main | 自己流のスキンケア >>

白骨温泉

先日、2回目となる白骨温泉に行ってきました。もちろん、地元近くなので、小さい頃に何度が行っていたと思いますが、今回はお仕事です。

大鹿村の山塩館さんで大鹿村温泉水の石鹸の販売を承諾いただくため、非常にお世話になりましたが、今回も白骨温泉の温泉水をぜひ石鹸の材料として使わせていただきたいお願いに行ってきたんです。

昨今、地元を通る中山道(国道19号)を日本人だけでなく外国人の方も歩く姿をよく見かけるようになりました。パートで働いていただいている方も、公共のバスを使ってきてくれることがあるんですが、大勢の外国人旅行者で席が埋まっていたなんてこともあったそうです。

それだけ、今は外国人の方がメジャーな観光地を行き尽くし、いよいよ日本人しか知らないような観光地へも足を延ばして来たんでしょうね。しかも、皆さん長い道のりを歩いています。私も以前、ロシアから来た人が限られたATMでしかお金が手に入らないため、ヒッチハイクをしていたところを乗せてあげたなんてこともあったりしました笑。

日本の非常に良いところは、安全はもちろんのこと、24時間やっているコンビニは非常に好評のようです。食べ物だけでなく、お酒も買って外で飲めるのは貴重のようです。海外では犯罪も多く、深夜は鉄格子で閉めてあるなんてことは当たり前ですからね。円安も引き続き続く見通しなので、来年もより多くの人がきっと歩いていることでしょう。

脱線しましたが、私たちは長野の隅々まで外国人の方に知ってもらいたい機会を、販売とともにできればいいなと考えています。今回の美容に良いとされる白骨温泉も、日本の方はもちろんのこと、外国人にもアピールしていきたいです。

今回色々と貴重なお話をさせていただいた組合長さんがおっしゃっていましたが、これほど水に、自然に恵まれた国というのもなく、そして日本人は「磨く」ということに非常に長けているというお話でした。もちろん、その「磨く」が便利を追求するあまり、悪い方向にも行っていて、この日本の伝統から離れてしまっている事実もありますが、私たちは合わせて自然を磨き、より輝かせることをこの自然豊かな長野でしていきたいと思っています。

また、昔は、秘湯と言われる白骨温泉まで歩いてわざわざ温泉に入っていたこともあり、車が普及した現在、目的地までひとっ飛びで、その過程を楽しまない時代にもなっています。

長野は健康長寿としても有名で、野菜などの食べ物の面をクローズアップすることがありますが、個人的には昔から畑仕事をしたり、歩いたりしていた世代の方たちに支えられていた面も大きいと思っています。

私たちの住む街でも、道端を歩いているのは学生さんか、お年寄りの方ばかりです。子供と道路わきを歩いて店に向かうときも、友人が車から見つけるぐらいです笑。中山道を歩くのも若い方はあまりいらっしゃいません。この先、長野が長寿を維持できるかは正直未知数ですね。

・・・組合長さんとお話ししていていろいろと思ったことを書き連ねてしまいましたが、近頃の話題としては、御嶽山噴火の影響が白骨にも及んでいるみたいです。。福島の原発問題にもあったように「こっちは大丈夫ですよ」なんて、気軽に言うことができない苦しさも感じました。私たちは、それでも来てくださる方のパイを一緒に増やしていきたいと考えています。

白骨温泉は、お湯に浸かった後も2日間ぐらい体に匂いが残るぐらい硫黄というか、硫化水素の匂いがある温泉です。毒も少量の場合、特効薬となるといわれていますが、この温泉水もきっと美肌の温泉として言われている由縁なんでしょうね。まだご承諾いただけるかわかりませんが、いずれご提供できる日が来ることを願っています。


COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/309
TRACKBACK