どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 長期的に見れば「症状はありがたい」 | main | 私たちの水 >>

お肌にいいキャリアオイル・ベースオイルとは?

お肌にいいアロマオイル・精油を前回ご紹介しましたが、今回はそのベースとなる、スキンケアには欠かせないキャリアオイルをご紹介します。

キャリアオイルは、かならずしも精油を用いなくてはいけないということはなく、単体でも十分にお肌に効果的な要素を持っています。今回は、英語(20記事)、フランス語(10記事)、スペイン語(10記事)、イタリア語(10記事)、ドイツ語(10記事)、日本語(10記事)の計70記事からそれぞれ何をおすすめしているか、集計してみました。



1.ホホバオイル(Jojoba) 67ポイント
ほぼ全ての記事で必ず挙がるオイルとして堂々の第1位はホホバオイル!若干高価なオイルではありますが、お肌トラブルに、マッサージに、浸出用にと保存性も高く、幅広く使える万能オイルです。

2.スウィートアーモンドオイル(Sweet Almond) 51ポイント
マッサージオイルとして認知されているオイルです。比較的安価で、保存性もよく、エステサロンなどによく使われるオイルです。さっぱりとした使い心地、アレルギー性も低いベーシックオイルですね。

2.アボカドオイル(Avocado) 41ポイント
スウィートアーモンドほど一般的ではありませんが、並んでオススメされているオイルです。重くしっとりとしたオイルでもあるので、単体で用いることはあまりないようですが、食用にも使われるぐらい栄養価の高いオイルです。

4.グレープシードオイル(Grape Seed) 35ポイント
グレープシードにはオリーブオイルの2倍以上ものビタミンEが含まれているとされています。料理にも使用されるほど割と手に入りやすく、安価であり保存性も比較的良いオイル。

5.アプリコットカーネルオイル(Apricot Kernel) 34ポイント
日本ではあまり馴染みのない名前ですが、いわゆる杏仁油と呼ばれ、杏の中にある成分です。中国でも漢方として知られていますが、日本ではあまり見られないので、意外とこちらが海外の文献で目に付きましたね。

6.ローズヒップオイル(Rosehip) 33ポイント
バラの果実、ローズヒップ。ビタミンCを豊富に含み、ハーブティーをはじめ、ジャム、食用油、そしてスキンケアとして使われています。

7.オリーブオイル(Olive) 32ポイント
食用として、そして石鹸などの基材として最も一般的なオリーブがようやく出てきました。

8.アルガンオイル(Argan) 28ポイント
ホホバオイルやシアバター、ローレルオイルもそうですが、乾燥し日差しの強い地域の特産であったりします。こちらは主にモロッコなどの北アフリカが原産。浸透性が高く、髪の毛にもよいとされています。

8.ウィートジャームオイル(Wheat Germ) 28ポイント
いわゆる小麦麦芽油です。ビタミンEを多く含み、酸化防止にも役立つオイルです。粘性が高いため、単独で用いることはあまり一般的ではありません。

10.マカダミアナッツオイル(Macadamia nut) 26ポイント
日本で取り上げられる記事が多く、ランクアップ。海外ではそれほど多く出てきませんでした。

11.ココナッツオイル(Coconuts) 25ポイント
    oil plant    Kukui nut Camellia Sea Buckthorn 
12.ヘーゼルナッツオイル(Hazelnut) 24ポイント
13.イブニング・プリムローズオイル(Evening Primrose) 19ポイント
14.サンフラワーオイル(Sunflower) 19ポイント
14.ボラージオイル(Borage) 18ポイント
16.セサミオイル(Sesame) 17ポイント
16.キャスターオイル(Castor) 17ポイント
18.カレンデュラオイル(Calendula) 15ポイント
18.シアバター(Shea butter) 15ポイント
20.ヘンプシードオイル(Hempseed) 14ポイント
20.ククイナッツオイル(Kukui nut) 14ポイント
20.カメリアオイル(Camellia) 14ポイント

日本でのマカダミアナッツオイル推しがなければ笑、ココナッツ、ヘーゼルナッツが比較的上位に。イブニングプリムローズは月見草のオイル。

また、カレンデュラがランクインしていますが、こちらは浸出油で、おそらく浸出油のみで調べると恐らくこれがトップ、2番目にセントジョーンズワート(弟切草)が来るでしょうか。サンフラワーオイル(ひまわり油)が販売されている浸出のベースになるオイルですね。

シアバターも固形化しているという意味で、バターとついていますので、バターで調べるとココアバターと並んでお肌に良いでしょう。カメリアオイルは、日本でも髪の毛などに使われていた椿油。

日本では比較的マイナーな部類ですが、ボラージ、ククイナッツ、ヘンプシードなどもおすすめされていました。ドイツなんかでは比較的多くセサミ(ごま油)推してましたね〜。

順位圏外ですが、他に気になったオイルは、ポメグレネート(ザクロ)、シーバックソーン、ブラックカレント(カシス)、サフラワー(ベニバナ)なども。気になる方は検索してチェックしてみてくださいね。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/293
TRACKBACK