どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 良質なダイエットは美白に通ず | main | 長期的に見れば「症状はありがたい」 >>

石鹸の歴史−石鹸の発明者と起源−


石鹸に類する物質として、私たちが持っている最初の具体的な証拠は、紀元前2800年頃に見ることができ、最初の石鹸を作った人々は、バビロニア人、メソポタミア人、エジプト人、または、古代ギリシャ人・ローマ人であったとされています。

この時代での石鹸に類するもののすべては、脂肪、油、そして塩を混合して作っていました。それらは、入浴や衛生面で使われたというより、どちらかというと調理器具や商品の洗浄、及び医療目的として作られていました。

石鹸の歴史
石鹸の歴史は、はるか6000年前にさかのぼります。最古の石鹸レシピは紀元前2800年頃の古代バビロニア人によって記録されている歴史を通じて、石鹸は、既に医学的に皮膚疾患の治療のために使用されていました。それに最も近い一般的な石鹸の形は19世紀に発明されました。

最初の石鹸
約5000年前には、木の灰と水と動物性脂肪を混合すると、洗浄成分を作ることができることを古代バビロニアで発見されました。それらの石鹸は主に、繊維産業および皮膚疾患のために使用されていました。

誰が石鹸を発明したのか?
バビロニア人は、紀元前2800年前に石鹸を発明した人たちの一つでありました。木の灰と脂肪、すなわち動物性脂肪を組み合わせることで洗浄が容易になることができると発見しています。最初の石鹸は羊毛の洗浄に使用されました。

アレッポ石鹸の歴史
石鹸の歴史の中で、最も有名な石鹸の一つとして未だに知られているものに、シルクロードの都市として有名なアレッポが挙げられます。現代の石鹸産業の創出においてこの石鹸の重要性は決して大げさではありません。

カスティール石鹸の歴史
中東から中世ヨーロッパに数千年近くアレッポの石鹸が普及された後、カスティール石鹸が誕生しました。最も人気があり、高品質のナチュラル石鹸の一つとして確立されました。

シャワージェルやリキッドソープの歴史
シャワージェル、液体石鹸の歴史は私たちの過去にわずか約100年の間に、世界中の多くの科学者によって作成された発明や進歩をたどっています。

Soap Historyより引用・翻訳しています。

ちなみに、現在に至る苛性ソーダを用いた石鹸はアラブ人が作ったと言われています。アラビア石鹸はそれに合わせて香り付け、着色、液状なども行ったとされています。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/290
TRACKBACK