どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< スキンケアのためのアロマセラピーレシピ | main | お肌にいいアロマオイル・精油とは? >>

キッチンでできる簡単アロマセラピー石鹸

こんにちは。今回皆さんにご紹介するのは、友絵工房の石鹸素地を使ったキッチンでできる簡単なアロマセラピー石鹸です。友絵工房の石鹸素地は、友絵工房で販売している石鹸の削り粕ですので、安心してお使いいただけます。

女性の方であれば手作りチョコレートなんかをお作りになったことがあると思いますが、この石鹸素地は刻んだチョコレートのようなもので、溶かすことで自由にトッピングしてお使いいただけますので、ぜひお試しください。

ただし今回は水分を十分に加えるため、ジェル状の石鹸になります。水分を減らせば固形に近づけることはできますが、固まりも早くやけどの原因にもなりますので、十分にご注意の上お試しください。

用意するもの
・友絵工房の石鹸素地 50g(または市販の石鹸素地でも大丈夫です)
・スプーン大
・お湯 100ml
・ガラス瓶(150ml以上入る空き瓶、電子レンジにも使えるもの)
・プラスチック容器(どこでも持ち運べるサイズがおすすめ)
・精油(お好みで、合わせて20滴程度まで)

1.ガラス瓶に石鹸素地をスプーンで50g入れます。
2.100ml程度の熱湯を瓶に注ぎます。50gに100ml程度入れることで、石鹸素地が全てお湯に浸かる状態になると思います。2〜3分程度時間をおきます。

 
(今回は炭石鹸の削り粕を使いました。電子レンジに入れる前はこんな感じです。)

3.更に溶かすために電子レンジで30秒〜45秒程度。あまり熱を加えてしまうと泡立ってしまう恐れがあります。湯銭で1分程度温めていただいてもいいです。
4.5分ほどかき混ぜずに時間をおきます。
5.瓶の中にお好みで精油(エッセンシャルオイル)を入れます。今回私は20滴(約1ml)のレモンを入れてみました。はちみつや他のキャリアオイル、粉末ハーブを少量お好みで入れることも可能です。(友絵工房のドクダミ粉末も使えます。)
6.十分にかき混ぜて、プラスチック容器に移し、冷めたらお使いいただけます。冷蔵庫に入れるとより早くお使いいただけます。更に蓋を開けて時間を置くと、ジェル状からプリンの状態になり、使いやすくなるかもしれません。

 

使い心地は・・、沸騰近くまで加熱しているので私たちが販売している石鹸より若干洗い上がりが強くさっぱりするかな?と言う感じです。ただし、つっぱるまでは行きませんでした。時間を置いていないのでアロマの香りを存分に楽しめます。

おすすめアロマオイルブレンド
・朝に最適なすっきりタイプ
ローズマリー10滴+レモン、ユーカリ、ペパーミント、グレープフルーツなどをお好みの組み合わせで10滴
・夜に最適なリラックスタイプ
ラベンダー10滴+クラリセージ、ゼラニウム、オレンジスウィート、ティートゥリーなどをお好みの組み合わせで10滴

皆さんのお気に入りを見つけてみてください!

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/284
TRACKBACK