どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ
<< 地元紙タウン情報に掲載されました。 | main | 鶴と亀 >>

友絵工房のオリジナルアロマブレンド開発中。

(アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダより)

只今、地元の会社からのご提案で、新しい石鹸・香りを開発中です。

今まで段階的に石鹸にアロマオイルを2種類までブレンドしたものを添加してきましたが、今後は、3種類以上のアロマオイルをブレンドし、配合比率を海外より参考にして作っています。それぞれに日本の要素を取り入れ、これが友絵工房の新たな基礎となる香りとして目指しています。友絵工房のアナザーサイドラインとして、皆さんに楽しんでいただけるものができればと思っています。

基本は、マルセイユベースでの石鹸とし、それぞれに日本人らしさとして蒸留水または粉末でアレンジ、そこにより華やかさを演出するため、海外の要素を取り込みます。

コード1:Kawaii(かわいい)
柑橘系の黄色をベースにした親子で楽しめる石鹸。柑橘系のアロマオイルは光毒性が心配されますが、石鹸においては通常2%程度の配合の上、洗い流すため、特に問題はありません。グレープフルーツ、オレンジスウィートなど。

コード2:Teien(庭園)
ローズ・フローラル系、イングリッシュガーデンを思わせる香りをベースに、アレンジしています。女性に最も愛される華やかな香りの演出を目指しています。ラベンダー、ゼラニウム等。

コード3:Omotenashi(おもてなし)
日本の奥ゆかしさ、そして神秘性をアロマオイルで表現します。フランキンセンス、檜の精油の使用を予定しています。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tomoekobo.jp/trackback/277
TRACKBACK