どくだみ化粧水のこと、自然派化粧品のこと、健康のこと、旅行のこと、友絵工房メルマガを始め、本からの引用や趣味のこと。
アーカイブ

地産地消

先日、長野県茅野市(蓼科)でホテルを営んでいる方とお話をしました。
別件の相談が、そのホテルの方が得意としているジビエの話になり、1時間以上その話で盛り上がってしまいました。

ジビエという言葉をご存知の方もいらっしゃると思いますが、フランス発祥の文化で、野生の動物を獲り、それを料理に用います。
日本でも古来から猟師が獲ったものを料理として使っていた歴史があり、特にこの長野のような地形は野獣が多く生息し、適した地であると言えます。

フランスでは、畜産とは違い、味が一定ではなく、ワインのソムリエ、テイスティングもまさにその野生の何を食べて育ったかわからない不安定な味のためにあるようなのです。同じ野鳥でも全く味が違うようですからね。

その珍味を目指してフランスにわざわざ行く人も多い中、さすが日本の技とも言うんでしょうか、イタリア料理同様に日本でも一流の味が楽しめる時代となりました。その蓼科のホテルもその一つです。

衛生面での管理もあり、山野で獲った野生の動物は少しでも早く処理が必要なんでしょうね。だからこそ長野という地にはジビエがこの先さらに発展する可能性を秘めています。またそれに追い打ちをかけるように高齢化が進み、農業のなり手が少なくなっていることで、野生の動物が増えているという状況もあります。以前もお話ししましたが、猿が近所の柿を取って行く姿をよく目にします笑。

また蓼科のその辺の地域では、近年鹿が増えており、頻繁に電車に鹿が引かれて遅れているなんてことがよくあります。ジビエにも活用されていますが、鹿の体温はやけどをするぐらい高温で(その方が言うには60℃?)、温度管理をして適切にして、2時間以内に処理をしないと食べられないようで、そういった流通面や製造面にも尽力しているというお話でした。というのも、家畜と鳥獣は同じ工場で管理できず、もはや国家レベルです。ジビエもいずれ国を挙げての地方活性化の施策になるんでしょうか?

私たちは原則お肌につけるものは植物性を堅持しておりますが、地産地消という面では共通しています。水の問題はまさに世界規模ではありますが、それも含めて使い方次第。自然との共生という観点でいえば、ジビエ文化はより一層重要性を増していくのではないかと思うこの頃です。

よくハーブというと、ラベンダーやカモミールなどの外国からくるイメージが強いのですが、それらも長い時間をかけて日本に根付き、日本産のハーブであれば、どくだみに加え、積極的に活用していきたいものです。

良質なダイエットは美白に通ず

昨日、たまたまダイエットの番組を見ていて思ったんですが、適切なダイエットはお肌の改善とほとんど一緒なんだと、痛感しました。

  1. 甘いものと脂っぽいものの組み合わせは脂肪を作りやすい→お肌を冷やし、新陳代謝の面でも影響がありえます。肌荒れ、ニキビの原因にもなります。
  2. ダイエットには腕や足などの末端浴がいい→体への負担にならない適度な半身浴を私はおすすめしていますが、腕なども合わせて浸かるのが良いようですね。
  3. 食事を抜いたり、減らしたりはよくない→当たり前ですが、お肌にも良くなさそうです。
  4. 新鮮な果物を用いたミックスジュース→お肌にもビタミンが豊富に含まれる野菜や果物を直接摂ることをおすすめしています。
  5. 浅い睡眠は筋肉を作らない→深い睡眠はお肌にも+ですね。
  6. それほど特別な道具や薬などは使用していない→お肌にも特別な何かは必要ありませんね。
  7. ウォーキングなどのエクササイズ→過度な運動より、歩くことで体に適度な負担を与え、血行をスムーズにしそうですね。
  8. 耳をさする→これは初耳です。お顔にも近いので、お顔を温めるのにも有効かもしれません。
きっと、健康的なダイエットを目指せば比例してお肌も健康になりそうな気がしました。

ラベンダー


ラベンダーについて最近色々と嗅ぎ比べながら調べていたんですが、長野県の塩尻に生えているラベンダーは一般的に出回っているラベンダーの精油よりやさしい香りのするラベンダー・アルパイン(高地)に近いようです。また別名でハイアルトと言う説明もありますが、おそらく高地と言う意味で同じ香りであると考えられます。

他にも、ラベンダー・タスマニアン、ブルガリアン、プロバンスなど、その香りそのものが産地によるラベンダーの適応能力と言い換えても良いのかもしれません。これは他のハーブにも見られますが、非常に興味深いです。

友絵工房のオリジナルアロマブレンド開発中。

(アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダより)

只今、地元の会社からのご提案で、新しい石鹸・香りを開発中です。

今まで段階的に石鹸にアロマオイルを2種類までブレンドしたものを添加してきましたが、今後は、3種類以上のアロマオイルをブレンドし、配合比率を海外より参考にして作っています。それぞれに日本の要素を取り入れ、これが友絵工房の新たな基礎となる香りとして目指しています。友絵工房のアナザーサイドラインとして、皆さんに楽しんでいただけるものができればと思っています。

基本は、マルセイユベースでの石鹸とし、それぞれに日本人らしさとして蒸留水または粉末でアレンジ、そこにより華やかさを演出するため、海外の要素を取り込みます。

コード1:Kawaii(かわいい)
柑橘系の黄色をベースにした親子で楽しめる石鹸。柑橘系のアロマオイルは光毒性が心配されますが、石鹸においては通常2%程度の配合の上、洗い流すため、特に問題はありません。グレープフルーツ、オレンジスウィートなど。

コード2:Teien(庭園)
ローズ・フローラル系、イングリッシュガーデンを思わせる香りをベースに、アレンジしています。女性に最も愛される華やかな香りの演出を目指しています。ラベンダー、ゼラニウム等。

コード3:Omotenashi(おもてなし)
日本の奥ゆかしさ、そして神秘性をアロマオイルで表現します。フランキンセンス、檜の精油の使用を予定しています。

インターネットに色々な商法あり

最近、フェイスブックのいいね!が販売されているなんて記事を見たんですが、最近やたらと知らない人から、更に写真も投稿もないような相手から友達申請を受けたりします。悪どいもので、苗字はそのままに名前をちょっと変えていかにも知り合いかに装ったものさえあり、間違えて許可してしまうケースもありそうです。この友人申請は一体何を目的としたものなんでしょうね。私もかなり昔にアカウントを作ったので忘れてしまいましたが、きっと何らかの条件があるんでしょうか。調べたら、3名分の友人申請が通るとアカウントが乗っ取られるというようなものもありました。

と思っていたら、営業の電話でモニターからの手書きフィードバック販売しますというのが来ました。他社でやられているあの手書きのメッセージ画像はお客様の善意ではないんだ・・・( ̄□ ̄;)というちょっとショックな出来事でした。

インターネットでの商材となるものが本当に多様化していますね。多面的な情報獲得が今後は必要のようです。